リシャール・ミルは時計の高級ブランドですが、世間一般には広く知られていません。
それは、このブランド自身の歴史が浅く、2001年創業という事と、時計コンセプトがかなり個性的で一般庶民には購入検討することすら難しい価格帯の設定である事が起因しているようにも感じます。
リシャール・ミルたる、そのコンセプトとは、「時計会のF1」を目指すという事で、デザイナはもちろんの事、内部の微細な素材に至るまで超個性的、こだわりの逸品である事です。
よって多くのブランドがある中でリシャール・ミルは、かなり異彩を放ち、唯一無二のものとして、認知されています。

そんなリシャール・ミルですが、新品価格で汎用モデルで500万円を超えております。
中古相場としては、そもそもの市場流通量が少なく、非常に高価な価格帯で取引されているのが実情です。
デザイン・モデル、状態によっては、当然のことながら発売当初の新品価格以上で取引されているデザイン・タイプのものも多くあります。
ただ、本来リシャール・ミルを購入しようとする人々が中古市場で購入するという事自体が非常に少ないと思われ、この点も中古市場への供給数量が少ない要因でもあると考えます。

リシャール・ミル買取はウォッチファンがオススメです!
ブランドホルダーとしてのプライドと誇りは、他のブランドでは味わうことができないブランドの一つです。